2019 06/24 ◆ 盛和塾名古屋 事務局

勉強会レポート

受講日 2019年6月11日(火)
議題
心を浄化する集団 ~盛和塾で何を学ぶか~
受講者 松山 茂浩(山城土木株式会社)
1) 講義学習内容 具体的に何を学んだか
学習内容 合唱が素晴らしかったのは
心の浄化した人たちだから
お互い経営者であって、年も違えば得意分野も違う。多忙なので十分な練習時間もとれない。しかし彼らの合唱はすばらしかった。
学習内容 実践を通じて判断基準を作る
机上で学ぶだけではなく行動することによって経験を積んでいくことが大事である。
2) 気づき なぜ上記の内容を学びと感じたか?
理由 心の浄化した人たちが力を合わせてやれば素晴らしい成果が出せるということ
才能はもちろんあると思います。しかし①もっと良くしていこうとする成長発展の意識(創意工夫)や②ほかの人の足を引っ張らないようにしようとする意識、そして③思いを必ず実現させるという意識をお互いにもった結果ではないでしょうか。このように従業員の意識を高めること、つまり心を浄化することができたのなら他に負けない会社・組織になることができるはずです。
理由 日々反省を重ねて精進していく
実践していくことでトライアルアンドエラーを日々繰り返すことによって常に成長発展させていく。
3) 今後に向けて 今日の学びをどう仕事に活かすか?
実施内容 心を浄化するためにフィロソフィを意識の深いところまで浸透させて無意識にできるようにする
会社はどうあるべきか、人としてどうあるべきか、組織の一員としてどうあるべきかを会社全体で共有し、同じ考え、同じ方向、同じ熱量を持たなければならない。そのために勉強会や会議はもちろんのことコンパも高い頻度で行うことがよいのではないか。仲間と時間を共有することではじめて同じ意識を共有できるのではないでしょうか。
実施内容 まずは”やってみる”
じっくり考えてから行動するのではなく、実践しながら考えていく。実践する前には想定していなかった問題も出てくると思います。それを都度解決していく意識を持つ。
4) 所感 会社や組織が衰退する原因は、経営者の心の要素という内部の要因であるという。そこで大事になってくる3つの要素がある。一つ目は謙虚にして驕らず。二つ目は思念は業をつくる。そして三つ目は宇宙に働く2つの力を味方につける。傲慢にならず、成功を強く思い、そして周りと調和する。簡単に表現するとこうですが、なかなか難しい。経営者としてこれらを実践しながらフィロソフィを意識の深いところまで浸透させ、その考え方を会社の仲間たちと共有し導いていかないといけない。まずは意識を共有するために時間を共有することから始めていきたい。

出席者 塾生 勉強会 15名 コンパ 14名 オブ0名 勉強会 1名 コンパ 1名
作成:2019年6月19日